刀和会

刀和会(とうわかい)は京都産業大学体育会剣道部のOB・OG会です

カテゴリ: 活動方針


改定日 平成2979

 

総則

第一条 

会の名称は荒木俊馬学長より「刀」、美田村正實初代部長より「和」の字をいただき刀和会と称する。

第二条 

本会は、京都産業大学体育会剣道部の卒業生および在籍者と刀和会を理解し協力する者を以って構成する。

第三条

本会の事務局は、事務局長の所在に置く。

 

目的および事業

第四条

本会は会員相互の親睦を図り、京都産業大学剣道部の充実発展に寄与することを目的とする。

第五条

本会は前条目的のため、次の事業を行う。

一、OB相互の稽古会の開催

二、現役学生の指導と支援および稽古会開催。

三、学生剣道連盟ヘの支援

 

入会資格

第六条

本会会員は、京都産業大学体育会剣道部の卒業生および在籍者と刀和会を理解し協力を惜しまない者とする。

第七条

一、入会した者は直ちに会費を納入するものとする。これを納入したときから会員とする。

二、5ヵ年会費納入が無ければ、準会員として位置づけ、様々な行事に関して会員並みの補助を受けられない。

三、刀和会に入会しようと思う者は、文書にて事務局に提出する。

ただし、新卒業生には5ヵ年は自動的に入会とする。

 

会費および特別会費

第八条 

刀和会会員は運営するための会費として、1ヵ年5,000円を毎年納入するものとする。

第九条 

会費の金額変更は、理事会をもって決定する。

第十条 

刀和会の事業を行うため、特別に必要な場合には、その都度理事会総会を経て刀和会会員に対して特別会費を求めることがある。

 

資格喪失

第十一条 

一、刀和会会員が会則に定める義務にしばしば違反し、刀和会の信用や名誉を著しく汚すような行為があった場合。

二、師範、監督およびコーチの許可無く現役学生を会とは関係のない私的に利用した場合。

三、以上の行為を行った場合、理事会および総会承認後、除名処分とする。

 

会の運営

第十二条  

理事会を以って運営し、最終決定は総会を以って最高決議機関とする。

第十三条   

理事の選出は、会長が指名し副会長、事務局長、理事長、副理事長、会計はその理事の中から理事の推薦で選ばれる。

 

会計年度

第十四条   

会計年度は41日から始まり、翌年331日に終了する。

会計は、会計年度終了月に会計監査を受けなければならない。

 

役員の構成

第十五条   

役員の構成は以下の通りとする。

会長1名 副会長1名 事務局長1名 理事長1名 副理事長1名 理事 若干名

会計1名 会計監査2

役員は、理事会で決議し総会をもって決定する。他に顧問、相談役、名誉会長を置くことができる。

第十六条   

すべての役員の任期は、 2ヵ年とし再任を妨げない。

第十七条   

理事会は年4 回とする。理事会は理事の三分の二以上を以って成立する。ただし、委任状も可とする。

また、特別な事例が発生した場合は緊急理事会を招集することができる。

 

総会

第十八条  

総会は定期総会と臨時総会とし、会長がこれを召集する。

第十九条   

定期総会は年一回とする。

臨時総会は理事会において、必要と認めた場合と会長が必要と認めた場合開催することができる。

第二十条   

総会において次の事項を決定する。

一、理事会において決議案の承認。

二、その他必要と認めること。

第二十一条  

総会は会費納入者の出席を以って成立する。

 

現役の指導体制

第二十二条  

師範、監督、コーチの選出は原則 OB の中から選出し推薦する。

ただし、適格者が存在しない場合は他から推薦することができる。

 

慶弔規定

第二十三条  

会員本人の弔事の場合は香典 1万円、供花一対。慶事の場合は有志を以って行う。ただし、刀和会に貢献された方のご家族に対する弔事は刀和会長の承認を得て行うことができる。


刀和会は、京都産業大学体育会剣道部のOB・OG会として活動しています。

「刀」を京都産業大学・初代学長の 荒木 駿馬先生より
「和」を初代剣道部 部長・監督の 美田村正寛先生より

それぞれ頂いた字を基に命名されました。
icon

↑このページのトップヘ